プラセンタ情報

プラセンタの効果

近年プラセンタが注目されるようになって、毎日のようにTVや雑誌などで見かけるようになりましたね。

その中で報じられている内容は、

肌がキレイになった、若く見られるようになった、疲れにくくなった

というものが多く見られます。

しかし中には、「いまいち効果を感じられなかった」という方も多くいらっしゃるようです。

ではなぜプラセンタにそのような効果があるのか、なぜ効果のないプラセンタがあるのか、他の美容健康サプリと何が違うのか、というところを見ていきましょう。

効果のカギは、「成長因子」という成分

プラセンタに含まれている成分は、脂質、糖質、タンパク質と、ビタミン、ミネラルなどの5大栄養素です。この中でも特に注目したいのが「成長因子(グロースファクター)」という成分です。

成長因子とは?

成長因子とは、細胞の新陳代謝(細胞の生まれ変わり)を促進する働きをするタンパク質の一種で、皮膚の細胞の新陳代謝を促す「上皮細胞増殖因子(EGF)」や、「肝細胞増殖因子(HGF)」など、様々な種類があることが確認されています。

成長因子は私たちの体の中にも存在していますが、母親のお腹の中にいる胎児を成長させるときに胎盤で多く作られます。ですから、プラセンタの原料である「胎盤」には非常に豊富な成長因子が含まれています。

成長因子の有無がポイント

逆に考えると、「プラセンタ」という方法以外では成長因子を摂取することは難しいといえるでしょう。これが、プラセンタとその他のサプリとの最も大きな違いです。

「効く」、「効かない」サプリは、何が違う?

ここで決まりますプラセンタには実際に効果のあるサプリと、そうでないものがあるようですね。

その違いは、製造段階で壊れてしまいがちな成長因子(グロースファクター)が「残っている」か、「壊れてしまっている」かではないでしょうか?

この成長因子は壊さずに製品化するのが難しい成分ですので、ここが一番のポイントだといえそうです。

そして、この成長因子が含まれていないプラセンタは、他の栄養サプリとさほど変わらないと考えられます。

プラセンタサプリを、選ぶポイント

プラセンタのサプリを選ぶポイントは、

  • 品質(効果)の高さ
  • 価格(1ヶ月あたりの値段)
  • プラセンタ配合量
  • その他の美容成分入り
  • 飲みやすさ(粒の大きさ)

など、いろいろあると思いますが、当サイトでは「品質の高さ」が最も重要なポイントだと考えます。そしてこの「品質の高さ」とは、成長因子がどれだけ含まれているかです。

いろいろなプラセンタサプリのイメージ

では、成長因子が壊れずに残っているサプリを見つけるにはどうしたらよいか、ということになりますが、ポイントは、原材料の品質と、サプリの製造方法にあります。

原材料の品質

原材料には馬、豚、羊などがありますが、大切なことは、
どの動物が良いか」ではなく、「その動物の飼育環境」です。

馬馬プラセンタであれば、サラブレッドのものを選びましょう。
サラブレッドは高価な馬ですので、整った環境で大切に育てられている場合が多いです。


豚豚プラセンタなら、デンマーク産の豚か、SPF豚を選びましょう。
これらは、厳しい基準を設けて徹底管理の下育てられています。


羊羊プラセンタは、とても貴重なプラセンタです。
世界唯一のBSE未発生国、ニュージーランドで医療用に育てられた特別な原料です。


ただ単に「馬」や「豚」と表記されている商品よりも、産地や飼育環境など、原材料について詳しく書かれた商品の方がより安心ですね。

海洋性や植物性プラセンタというものがありますが、これらには最も重要な成分である成長因子(グロースファクター)が含まれていないため、動物性のプラセンタのような効果を得ることは出来ません。

サプリの製造方法

作り方成長因子はタンパク質の一種ですから、その形が崩れてしまうとただのタンパク質(アミノ酸)になってしまいます。しかし、原材料の「胎盤」から成分を壊さずに抽出してエキスを作るには、非常に高度な技術が必要です。

「製造方法にこだわって作られている」 ということが分かる商品を選びましょう

配合量

プラセンタの配合量配合量は多いに越したことはありませんが、プラセンタに関していえば「量よりも」です。

大切なのは○○mgという重さではなく、そこにどれだけの有効成分が含まれているかです。

また、濃縮の度合いなどによっても「量」は変わりますので、「配合量=プラセンタの量」とはいえません。あくまで目安として考えましょう

プラセンタサプリメントの上手な飲み方

サプリメントの飲み方

プラセンタサプリは基本的にはいつ、どのように飲んでも構いません。

ただし、メーカーから飲み方の指定があるときはそれに従うのがベストです。その飲み方が最も効果を現すように設計されているからです。

もし飲み方について指示がない場合は、以下の点に気をつけて飲むといいと思います。

いつ飲む?

摂取する時間上にも述べましたが、プラセンタの有効成分成長因子はタンパク質の一種です。ですから、胃の中に入ると消化され、形を崩してしまいます。

ですから、なるべく胃酸の出ていない空腹時に飲んだ方が成分が壊れずに腸まで届きやすく、効果的です。

時間は、朝や日中でも問題ありませんが、夜の就寝前に飲むのが最も効果的とされています。

いつまで飲めばいい?

飲む期間ずっと飲み続ける必要はありませんが、出来れば3ヶ月ほど続けてみると良いと言われています。

プラセンタは即効性の弱いサプリです。その代わりにというわけではありませんが、飲むことをやめてもスグに効果がなくなるということもありませんので、望んだ効果が現れたら、しばらくやめてみるというのも一つです。

飲む量は?

摂取量量が多いほど効果は出やすいですが、過剰な摂取は栄養の摂り過ぎになってしまいますので避けて下さい。

プラセンタサプリ、比較表

価格
原料      商品名      製造法 配合量
初回 2,900円(30粒)
定期 5,800円(30粒)
placenta100プラセンタ
EX100
医薬品レベル
の特殊技術
100mg
+成分7種
お試し3,500円(10粒)
19,440円(30粒)
2箱 37,800円(60粒)
セルセラセルセラ
(MF3)
培養細胞法
(世界特許)
1740mg
(カプセル含む)
(8,000mg)
お試し 2,980円(30粒)
定期 7,980円(30粒)
placenta-fineプラセンタ
ファイン
独自の
抽出方法
185mg
+成分4種
お試し 1,980円(10粒)
定期 7,020円(30粒)
kireide-placentaキレイ・デ・
プラセンタ
酵素分解法 220mg
お試し 1,500円(10粒)
3箱セット 7,005円(30粒)
thoroughbred100母の滴
サラブレッド
100
不明 200mg
お試し 無料(30粒)
29,925円(400粒)
(1日2粒 4,500円/月)
placenta100プラセンタ
100
酵素分解法 360mg(2粒)
(18,000mg)
お試し 980円(45粒)
定期 3,060円(90粒)
(1日3粒)
placenta-natureフラコラ
プラセンタ
つぶ5000
不明 336mg(3粒)
(5,000mg)

=サラブレッド、=ニュージーランドの医用羊、=デンマーク産(フラコラはヨーロッパ産)

※ 「配合量」内の()は、原料や原液への換算量

オススメのプラセンタサプリ

通常(1ヶ月分)サイズ

placenta-ex100

高品質で低価格なプラセンタサプリメントです。
初回¥6,300 → ¥2,980
定期¥6,300 → ¥5,800

セルセラ

品質の高さは圧倒的。臨床実験でその効果が証明されています。
¥19,440 半額返金保証

kireide-placenta

配合量が多い、サラブレッドのプラセンタです。
定期¥7,800 → ¥7,020

トライアル(数日分)

placenta-fine

サラブレッドプラセンタに4つの美容成分配合。
1日あたり199円。(15日分)
¥4,725 → ¥2,980

kireide-placenta

サラブレッドのプラセンタ。
1日あたり198円(10日分)
¥2,980 → ¥1,980

thoroughbred100

サラブレッドのプラセンタ。
1日あたり150円(10日分)
¥2,819 → ¥1,500(税別)


このページのトップへ戻る