プラセンタの毛穴への効果

プラセンタで毛穴のケア

毛穴の開きや黒ずみにも、プラセンタは有効に働くと考えられます。その理由を見ていきましょう。

毛穴の開き

開いた毛穴「毛穴の開き」と言いますが、実際には開いているのは毛穴自体ではなく、毛孔部(毛穴の出口の部分)が開いているため毛穴が開いて見えています。ですから、「毛穴を引き締める」ということをしても意味がありません。

毛穴の出口が開いてしまうのは、皮脂に含まれる成分(オレイン酸など)が肌の細胞に異常を起こさせて、表皮の細胞が正常に角質化(角化)しないために起こることが明らかになっています。

つまり毛穴を開かせないためには、皮脂の過剰な分泌を抑えることが有効だとされています。

皮脂が過剰に分泌される原因の一つに、肌の乾燥があります。

プラセンタは保湿成分であるヒアルロン酸を、真皮に生成することを促進してくれますので、表皮の潤いを保つことで、皮脂の過剰な分泌を抑えることができると考えられます。

とはいえ、皮脂は肌のバリア機能と保湿機能を兼ね備えた大切なものです。洗顔で必要な分の皮脂まで取り除いてしまうと、それが原因で過剰分泌されてしまいます。洗顔はやさしく、皮脂を取り過ぎないようにしましょう。

毛穴の黒ずみ

毛穴の黒ずみの正体は、毛穴に詰まった角栓が酸化して黒くなっているものや、角栓についた汚れです。

角栓の酸化による黒ずみ毛穴パックなどで無理矢理引き出したとしても、角栓の詰まっていた穴はすぐには閉じず広がったままですので、そこに細菌が入り込んで炎症を起こしてしまいます。角栓は、出来てしまう原因が解消されれば自然になくなりますので、無理に取ろうとはしないで下さい。

角栓とは?

角栓とは何かいうと、皮脂と古い角質が混ざり合ったものです。通常であれば古い角質はどんどん剥がれ落ちていくものですが、ターンオーバーが遅れると古い角質が表皮に残ってしまいます。

毛穴の出口付近に残った古い角質が、過剰に分泌された皮脂と混ざり合うことで、角栓が出来てしまいます。そしてこれが酸化することで黒くなり、毛穴の黒ずみとなります。

角栓による毛穴の黒ずみを防ぐには、やはり角栓を作らないようにすることです。これに対してプラセンタが手助けとなるのは、まず皮脂の過剰な分泌を抑えること、そして表皮のターンオーバーを正常化することです。


このページのトップへ戻る