プラセンタのクマへの効果

プラセンタでクマの対策

クマというと睡眠不足の時に起こるイメージがありますが、それは原因の一つに過ぎません。クマができている = 睡眠が足りていない、というわけではありません。

クマの出来る原因は大きく分けて2つ。血行不良と、色素沈着です。これらに対してもプラセンタは有効に働き、クマの悩みを解消する手助けをしてくれると考えられます。

血行不良が原因で起こる青いクマ

目の下のクマ目の下に出来る青いクマは、血行不良が原因で起こります。目の下の皮膚はとても薄いため、血行不良になると血の色が青黒く透けて見えます。

血の色は赤色では?と思われるかもしれませんが、実は綺麗な赤色をしているのは、動脈に流れている酸素を含んだ血液です。酸素を送り届けて心臓に帰る静脈を流れる血液は酸素を含んでおらず、赤黒い色をしています。この色は皮膚を通してみると青く見えます。

皮膚から透けて見える青い血管は静脈です。

目の下の皮膚の毛細血管静脈で血行不良を起こすと、酸素を含まない赤黒い血の割合が多くなります。そして、目の下の皮膚はとても薄いので血が透けて見えやすいため、目の下が青く見えてしまいます。

プラセンタには血行を促進する作用がありますので、血行不良が原因で起こる青クマの解消の手助けとなるでしょう。

色素が沈着して起こる茶色いクマ

茶色いクマの正体は、シミの原因ともなるメラニンです。メラニンが目の下で色素沈着を起こしているため茶色いクマになっています。

クマの改善色素が沈着してしまう原因は2つ、紫外線を浴びてメラニンが発生する場合と、目の下のこすりすぎです。

紫外線や摩擦などの刺激を肌が受けると、クマの原因となるメラニンが発生してしまいます。このメラニンは通常であれば表皮のターンオーバーで外に押し出されて消えてしまうのですが、ターンオーバーが正常でないと表皮にずっと残ってしまいます。

これに対してプラセンタが手助けとなるのは、まず活性酸素除去作用でメラニンの発生を抑えることです。そしてターンオーバーを正常化することで、出来てしまったメラニンを表皮の外への排出を促すことです。


このページのトップへ戻る