プラセンタの、シミへの効果

プラセンタでシミの対策

プラセンタは高い美白効果を持つことで知られています。

シミの原因となる黒色メラニンの生成を抑え、また出来てしまったシミに対しても排出を助けるといわれています。

シミのできる原因と対策

シミの出来る様子シミは紫外線を浴びることで出来てしまう、ということは有名ですが、では紫外線を浴びると何故シミが出来てしまうのでしょうか。日焼けで肌が黒くなることとの違いは何でしょうか。

肌に紫外線を浴びると、有害な物質である活性酸素が発生してしまいます。肌には、この活性酸素を発生させないように肌を黒くして紫外線から肌を守る機能が備わっているのです。これが日焼けで肌が黒くなる理由です。

紫外線を受けて肌に活性酸素が発生すると、チロシナーゼという酵素が活性化してチロシンを黒色メラニンに変化させます。メラニンの色が黒いため、肌が黒くなるのです。

このメラニンが大量に発生してしまった場合に、黒色メラニンの集まりがシミとなります。

しかし、正常な肌であれば表皮のターンオーバーでシミは肌の外側に徐々に押し出されていってやがて消えてしまうものですが、ターンオーバーの遅れなどでシミの排出がうまくいかなかった場合に、肌に残ってしまうことがあります。

プラセンタは活性酸素を除去する作用を持っているので、シミの元となるメラニンの生成を抑えて、シミを予防することが考えられます。また出来てしまったシミも、ターンオーバーを正常化することで効率的にシミを排出できるとされています。

真皮のシミ

真皮の深いしみシミの出来る場所は表皮ですが、あまりにもメラニンが多く発生してしまった場合、メラニンが真皮にまで落ちてしまうことがあります。こうなってしまうと、表皮のターンオーバーではメラニンを肌の外側に排出することが出来ません。

真皮に落ちてしまったメラニンは、徐々に大食細胞(マクロファージ)に浸食されて血液を通して体外に排出されますが、やはり長い時間がかかってしまいます。

プラセンタはこのマクロファージを活性化する働きがあるとされています。プラセンタがマクロファージを活性化してくれることで、真皮に落ちてしまったシミを薄くするスピードを速めてくれることが期待できます。


このページのトップへ戻る